食べすぎ、飲みすぎは胃酸過多の原因に

食べ過ぎや飲み過ぎが胃腸に悪いというのはよく耳にすると思います。もちろん急に大量の飲食物が胃腸へ流れ込めばそれは大きな負担となりますので、短期的に胃腸に悪いのは明らかです。

 

しかしそれだけでなく、長期的に見ても様々な問題があり、胃に関しては慢性的な胃酸過多の原因にもなるため注意が必要です。

 

食べ過ぎや飲み過ぎが胃酸過多を招くメカニズムは単純で、食べ過ぎると一時的に胃の中で未消化な食物が長時間滞留することになります。それも大量にです。

 

胃の中にしっかりと胃酸がかかっていない食物が長時間居続けると、胃の中の温度が高いこともあって腐敗してしまったり雑菌が繁殖してしまいます。

 

胃酸というのは腐敗や雑菌繁殖を防いでいるという面も大きいため、これは大きな問題なのです。そこで何とかして頑張って胃酸を分泌しようとします。

 

そして暴飲暴食が繰り返されれば、環境への適応として胃酸が常にたくさん出るようになります。この状態が食べ過ぎや飲み過ぎから来る胃酸過多なのです。

 

一度胃酸過多の状態となれば、それを元に戻すことはなかなか難しいものです。ですから食べ過ぎから胃酸過多を招かないように節度を守った食事を行うことが重要です。

 

また胃酸過多は単に食事の量が多いだけでなく、消化に時間がかかる食べ物ばかりを食べていても起こりやすいものです。特に肉が大好きな方は量にも質にも気をつけなければなりません。

胃酸過多に効く健胃剤「イツラック」
イツラックは、胃酸過多をはじめ胃痛・胃炎など胃腸トラブルに効く生薬を配合した健胃剤になります。ケイヒ・ウイキョウ・チョウジなどの古来より親しまれてきた自然素材を原料としています。どれも胃酸の出過ぎを抑えるほか、腹痛・嘔吐・下痢など胃の不調を改善する働きを持ちます。