ストレスが胃酸過多の原因に

現代の胃酸過多はその多くがストレスに起因するものであることが分かっています。特に仕事など毎日の生活習慣に組み込まれた行動の中で強いストレスを感じると、胃酸過多も慢性化しやがてその状態が定着してしまい、治療が非常に困難になります。

 

ストレスはまさに万病の元ですので、できるだけ回避したりうまく解消すべきなのですが、やはり現実的には何かと難しいものです。

 

酷くなると胃炎や胃潰瘍に繋がる

 

ストレスによる胃酸過多は非常にたちが悪く、胃酸の分泌量を増加させるだけでなく胃粘膜のバリア機能をも低下させます。そのため胃酸分泌量が増えた以上に胃のダメージが大きくなり、胃炎や胃潰瘍を引き起こしやすくなるのです。

 

自律神経が崩れると胃酸分泌量が増える

 

ストレスは自律神経のバランスを崩し、攻撃性を高める交感神経が過剰に優位になります。そうすると胃壁の血管は収縮して胃酸を中和する粘液分泌量が減り、逆に交感神経によって胃酸分泌量が増えてこのようなことになります。

 

難しいがストレスからの解放がカギ

 

ストレスから解放されるというのは現実的に非常に困難であり、多くの人が胃薬などを用いて何とかやり過ごしています。

 

しかし薬を用いても胃の機能的なバランスを欠いた状態が続けば、将来的に胃がん等の重篤な疾患を患う可能性は非常に高いものとなってしまいます。

 

難しいとはいえ、自分の健康を第一に考えた上で身の振り方を決めるべきでしょう。またストレスによる障害は胃に限らず、食道や腸など幅広い部位にダメージを与えることも知っておかなければなりません。

胃酸過多に効く健胃剤「イツラック」
イツラックは、胃酸過多をはじめ胃痛・胃炎など胃腸トラブルに効く生薬を配合した健胃剤になります。ケイヒ・ウイキョウ・チョウジなどの古来より親しまれてきた自然素材を原料としています。どれも胃酸の出過ぎを抑えるほか、腹痛・嘔吐・下痢など胃の不調を改善する働きを持ちます。