胃酸とピロリ菌の関係

近年問題視されることの多い胃に住み着くピロリ菌をご存じでしょうか。かつて人間の胃の中はその過酷な環境から、いかなる生物も生存し得ないと考えられてきました。

 

しかし実際にはピロリ菌が人間の胃の中に定着することが分かっており、このピロリ菌は胃酸を中和しながら強酸にまみれた胃の中で生存し続けるのです。

 

そしてピロリ菌が胃の中に存在している人は胃酸の状態も異なることがわかっており、専門家の間でも意見が割れていて未だ議論が続いているところです。

 

胃酸過多はピロリ菌が多く胃がんリスクが高い

 

ピロリ菌はアンモニアを発生させ胃酸と反応させて中和することにより、ピロリ菌の周辺に生存可能な程度のpHを作り出します。

 

そしてピロリ菌が作り出す酵素は胃粘膜が胃酸の影響を免れるために分泌している胃粘液を分解してしまうため、胃酸が胃粘膜を傷つけて胃炎や胃潰瘍を引き起こすのです。

 

この通りピロリ菌は胃にとって非常に害となるものであり、実際にピロリ菌感染者は非感染者と比べて胃がんの発生率が有意に高いことも分かっています。

 

反対の意見も…ピロリ菌は胃酸を抑える?

 

一方で、ピロリ菌が自身の生存のために胃酸を中和するため、胃酸の過剰分泌が抑えられるという検査結果もあります。

 

実際にピロリ菌を除去すると胃酸過多によって除去直後に食道炎などを引き起こすケースが少なからずあるのですが、長期的に見て食道がんなどの発症率が上昇するかどうかははっきりしません。

 

基本的に、ピロリ菌が胃酸を中和するのは事実ながら、仮にそれがメリットであってもそれを遙かに上回るデメリットがあるということは揺らがないようです。

 

ただしピロリ菌除菌直後は胃酸過多による食道炎が起こりやすいのは事実ですので、除去を考えている方は事前から胃酸を増やすような食生活は控えておいた方が安全です。

胃酸過多に効く健胃剤「イツラック」
イツラックは、胃酸過多をはじめ胃痛・胃炎など胃腸トラブルに効く生薬を配合した健胃剤になります。ケイヒ・ウイキョウ・チョウジなどの古来より親しまれてきた自然素材を原料としています。どれも胃酸の出過ぎを抑えるほか、腹痛・嘔吐・下痢など胃の不調を改善する働きを持ちます。