胃酸が多いと口臭が気になる?

口臭と言うと口腔内の衛生ばかりを気にする方が多いですが、いくら歯磨きや舌磨きをしっかりしてもどうしても臭うというケースも存在します。

 

それは胃から臭いが出ている場合です。にんにくを食べた後に口臭が酷い、というのは多くの人が知っていることと思いますが、これこそが胃から上ってくる口臭です。

 

同じように胃酸は口臭に大きな影響を与え、胃酸が少なく胃に入った食物が速やかに消化されないとそれはそれで強い臭いの原因となりますが、逆に胃酸過多もまた口臭の原因となるものです。

 

逆流性食道炎は酸っぱい臭い

 

逆流性食道炎を患った経験のある方は、あの独特の強い酸っぱさを体感しておられることと思います。胃酸は強酸性ですので当然ながら刺激と共に強い酸味を感じますが、味だけでなく臭いも全く同様の酸っぱい臭いがするのです。

 

この酸っぱい臭いというのは腐敗臭の特徴と同じであり、人間が生まれつき敏感に反応するにおいであるため、胃酸過多による口臭はわずかであっても周りから非常に気付かれやすいのが特徴です。

 

胃酸過多による口臭は周りにも影響が

 

さらに悪いことに、人間の嗅覚は同じ臭いを嗅ぎ続けるとすぐにその臭いに対して感受性が低下してしまいます。この現象を「嗅覚疲労」といい、常に嗅いでいる自分の口臭が自分では気付きにくいのはこの嗅覚疲労が起こるためです。

 

胃酸の酸っぱい臭いは周りから非常に敏感に察知され、逆に自分では気付きにくい、そんな危険な口臭といえます。自分の嗅覚をあてにせず、胃酸過多の症状がある方は口臭があるものと仮定してすみやかに対処すべきでしょう。

胃酸過多に効く健胃剤「イツラック」
イツラックは、胃酸過多をはじめ胃痛・胃炎など胃腸トラブルに効く生薬を配合した健胃剤になります。ケイヒ・ウイキョウ・チョウジなどの古来より親しまれてきた自然素材を原料としています。どれも胃酸の出過ぎを抑えるほか、腹痛・嘔吐・下痢など胃の不調を改善する働きを持ちます。