胃酸と逆流性食道炎の関係

胃酸の分泌過多は胃に限局した問題ではありません。むしろ胃炎や胃潰瘍などより近年では逆流性食道炎の問題の方が大きく、長期的に食道がんの発症率を高めることにも繋がるため、単に不快なだけだと軽視することなく対処する必要があります。

 

逆流性食道炎とは胃に留まっているはずの胃酸や食物が食道へと逆流し、胃酸が食道に付着することで発生する炎症のことです。

 

胃酸過多は逆流性食道炎を発症しやすい

 

当然ながら食道粘膜は胃酸が付着することを想定していないため、胃粘膜のように中和作用のある粘液を分泌したりできず、胃酸を中和できずに粘膜を傷つけてしまうのです。

 

逆流性食道炎の原因は必ずしも胃酸過多だけではなく暴飲暴食や就寝直前の食べ過ぎなどによっても一時的に頻繁に発生しますが、胃酸過多を患う方は慢性的な逆流性食道炎を発症しがちです。

 

胃酸が必要な量よりも多く過剰に存在していると、いくら胃粘膜が胃酸を中和できるといえども長期間晒されていれば問題となるため、胃を動かして胃酸を動かしたり薄めようとします。

 

この時に胃酸が食道側に逆流するのです。他に、肥満や便秘などによって胃が外から押されることによっても逆流性食道炎は頻発します。特に胃酸過多と肥満は併発しやすいファクターと言えます。

 

肥満の場合体重を落とすと胃酸過多が治る?

 

逆流性食道炎の改善には胃酸過多を解消することが根本的な対処となりますが、前述の通り肥満の方は体重を落とすことで手っ取り早く改善が見込めます。

 

また肥満の原因となるような高脂質食は胃酸過多となる原因そのものですから、そういった意味でも食事の見直しをおすすめします。

胃酸過多に効く健胃剤「イツラック」
イツラックは、胃酸過多をはじめ胃痛・胃炎など胃腸トラブルに効く生薬を配合した健胃剤になります。ケイヒ・ウイキョウ・チョウジなどの古来より親しまれてきた自然素材を原料としています。どれも胃酸の出過ぎを抑えるほか、腹痛・嘔吐・下痢など胃の不調を改善する働きを持ちます。