胃酸過多とは

様々な胃のトラブルの原因となるのが胃酸過多です。胃酸過多とは文字通り胃酸の分泌量が多すぎたり、胃に食物などが入ってきていないのに不要な量の胃酸を分泌してしまう状態です。

 

胃とは元々胃酸に溢れている場所ですので胃壁・胃粘膜は酸によるダメージを免れるようにできてはいますが、それでも胃酸分泌量が過剰ならば自身の胃の組織を傷つけることとなってしまいます。

 

胃酸が自らの胃を傷つけることで胃炎や胃潰瘍が発生しますし、慢性的にこれらが起こっているとそのうち胃がんが発生する原因ともなる、決して軽視できない状態です。

 

そして何より、胃酸が食道を迫り上がってきて喉の奥が酸っぱくなる不快な症状があるため、これが大きなストレスとなってさらに胃酸過多が酷くなることもある対処に難しい症状です。

 

胃酸過多の原因はストレスが大きい

 

胃酸の分泌は当然ながら意識して行っているわけではなく、不随意的にコントロールされるものです。つまり自律神経の管轄であり、胃酸過多は自律神経失調症の症状の一つということもできます。

 

実際に現代の胃酸過多の最大の原因と目されるのはストレスで、ストレスは自律神経のバランスを大きく崩すために、胃酸の分泌量が過剰となると考えられています。

 

胃酸過多そのものを正常に戻すにはある程度の時間が必要となるため、胃酸を緩和するような食材を選んだり薬を飲んだりと対症療法を行いながら、ストレスをできるだけ回避しつつ規則的な生活を心がけるといった根本的な対策を取ることになります。

 

胃酸を抑えるには?

 

胃酸は消化のためだけでなく、胃に滞留している状態の食物が腐敗したり雑菌が繁殖したりするのを防ぐ、非常に重要な役割を担っています。ですが胃酸は強酸である以上、一歩間違うと自身の体を傷つけることにもなりうるものです。

 

実際に胃酸過多による胃炎や胃潰瘍を患う方は多く、特に現代では増加傾向にあります。あまりにも胃酸過多が酷い場合は最終的に薬に頼る必要が出てきますが、そうなる前に日常生活で胃酸をある程度コントロールすることもできますので、薬に頼る前に食生活や生活習慣を見直してみましょう。

 

刺激的な飲食物は避ける

 

まず、直接的に胃酸の分泌を増やすような刺激物は可能な限り控えることです。コーヒーやお茶に含まれるカフェイン、唐辛子のカプサイシンなどの辛み成分は胃に刺激を与え胃酸分泌を亢進させます。

 

これらは胃酸の分泌が不足して消化不良なときには役立つのですが、胃酸過多の場合にはできるだけ避けるべきです。また同じ理由で、空きっ腹に冷たい水を飲むようなことも控えましょう。

 

ストレスの解消法を見つける

 

また、現代で胃炎や胃潰瘍が急増している原因はストレスです。ストレスも胃酸分泌を亢進させる大きな原因ですので、可能な限りストレスを避けたり上手く解消する方法を考えましょう。とはいえ、仕事がストレスを受けるような環境ですと自分の力のみで何とかするのは難しいかもしれません。

 

後は何より、深刻に考えすぎないことです。これもストレスになり、悩めば悩むほど胃酸過多になり悪循環へと陥ってしまいます。それを防ぐためにも、早い内に薬の力を借りるのも一つの手です。

 

 

更新履歴